日光浴の注意|小鳥の病気でお悩みなら、川口市の小鳥のセンター病院にご相談ください。

小鳥のセンター病院(中央病院)

048-266-6661048-266-6661
年中無休 9:00-12:00 / 15:00-19:00
川口市の小鳥専門病院「小鳥のセンター病院」

コラム

季節ごとに、小鳥さんと一緒に生活する上での注意事項をお知らせしています。
少しでも小鳥さんのことを知って、お役に立てればと思います。

日光浴の注意

2007.05.01

日差しが気持ち良い季節になりました。天気のよい日にはぜひ小鳥さんにも日光浴をさせてあげましょう。

ガラス越しではなく、直射日光を15~30分位が最適です。日光浴をすることで、病気に対する抵抗力が高まり骨も丈夫になります。

ただ1つ注意点があります。それは外敵です。

毎年この時期カゴを外に出しておいたら、カラスに襲われたとかネコに襲われたという事故が増えてきます。網戸越しでも目を放すと危険です。

飼い主さんも小鳥さんと一緒におしゃべりしながら日光浴をしましょう。

とても良いことですし、楽しいことです。

ページの先頭へ