「貼るホッカイロ」にご注意|小鳥の病気でお悩みなら、川口市の小鳥のセンター病院にご相談ください。

小鳥のセンター病院(中央病院)

048-266-6661048-266-6661
年中無休 9:00-12:00 / 15:00-19:00
川口市の小鳥専門病院「小鳥のセンター病院」

コラム

季節ごとに、小鳥さんと一緒に生活する上での注意事項をお知らせしています。
少しでも小鳥さんのことを知って、お役に立てればと思います。

「貼るホッカイロ」にご注意

2009.01.01

この時期の鳥さんの移動には保温が必要です。キャリーに貼るホッカイロをつけるのが一般的になっていますが、ホッカイロは酸素を吸収して熱を放散しますので、キャリーの内側に貼るとキャリー内の酸素がうばわれ鳥さんが酸欠を起こしてしまいます。

必ず外側に貼りましょう。キャリーをタオルやブランケットでくるむとさらに保温性が高くなります。

移動中はなにか変わったことがないか鳥さんの様子をのぞいてあげてください。換気にもなります。

ページの先頭へ