腫瘍にご用心!|小鳥の病気でお悩みなら、川口市の小鳥のセンター病院にご相談ください。

小鳥のセンター病院(中央病院)

048-266-6661048-266-6661
年中無休 9:00-12:00 / 15:00-19:00
川口市の小鳥専門病院「小鳥のセンター病院」

コラム

季節ごとに、小鳥さんと一緒に生活する上での注意事項をお知らせしています。
少しでも小鳥さんのことを知って、お役に立てればと思います。

腫瘍にご用心!

2009.10.01

ヒトと同じように鳥さんも身体の様々な場所に、様々な種類の腫瘍が出来ます。今月は体表にできる腫瘍についてお話します。

体表に出来る腫瘍は目で見てわかる比較的気づきやすい腫瘍ですが、より早く見つけるためにはなにより常日頃、トリさんの身体をよく触れることが重要です。出来れば左右対称に触っていくことよいでしょう。

羽で隠れてしまう粟粒ぐらいの腫瘍でもよく触ることで見つけることが出来ます。

また、翼や足が左右対称の位置にないことで腫瘍に気づくことがあります。

トリさんの普段の姿勢を知っておくことも重要です。体表に出来る腫瘍はトリさんによっては気にしてつついてしまうこともあり、つついたことによる出血は命の危険を伴います。

以上に気づかれたらお早めにご相談ください。

ページの先頭へ