成鳥の食餌の注意点|小鳥の病気でお悩みなら、川口市の小鳥のセンター病院にご相談ください。

小鳥のセンター病院(中央病院)

048-266-6661048-266-6661
年中無休 9:00-12:00 / 15:00-19:00
川口市の小鳥専門病院「小鳥のセンター病院」

コラム

季節ごとに、小鳥さんと一緒に生活する上での注意事項をお知らせしています。
少しでも小鳥さんのことを知って、お役に立てればと思います。

成鳥の食餌の注意点

2012.07.01

小鳥さん(セキセイインコ・文鳥・コザクラインコ・ボタンインコ・オカメインコ)などは穀物種子が主食となります。種類は混合飼料(アワ、ヒエ、キビ、カナリーシードなどが配合)、濃厚飼料(麻の実、ヒマワリ)があります。濃厚飼料はコザクラインコ、ボタンインコ、オカメインコには、おやつ程度にあげると良いですが、脂肪分が多いため与えすぎると肥満の原因になります。青菜はビタミンの補給になります。小松菜、チンゲン菜、がお勧めで、キャベツ、ホウレンソウ、は悪が強いため避けましょう。また、有機無農薬の物がお勧めです。ボレー粉、イカの甲はミネラル補給になります。人間用の食品(パン、ご飯、クッキー、ラーメン、ビールなど)は与えれば食べてしまいますが、腸内細菌のバランスが崩れ、病気の原因になるので避けましょう。食餌は毎日一回、新しい食餌を与えましょう。いつまでも古い食事が残っているとカビが生えたり、変質した食餌が病気を引き起こしたりすることがあります。今の梅雨の季節では、特に食餌の保存、管理状態にも気を付けてあげましょう。

ページの先頭へ