小鳥さんの放鳥について|小鳥の病気でお悩みなら、川口市の小鳥のセンター病院にご相談ください。

小鳥のセンター病院(中央病院)

048-266-6661048-266-6661
年中無休 9:00-12:00 / 15:00-19:00
川口市の小鳥専門病院「小鳥のセンター病院」

コラム

季節ごとに、小鳥さんと一緒に生活する上での注意事項をお知らせしています。
少しでも小鳥さんのことを知って、お役に立てればと思います。

小鳥さんの放鳥について

2013.05.01

暖かくなってきましたね。小鳥さんたちは元気に過ごしているでしょうか?小鳥さんたちを健康に育てるために小鳥さんを放鳥される飼い主さんもおられると思います。今回は、放小鳥のメリットと注意点についてお話します。まずメリットですが、小鳥さんは野生の状態では元気いっぱいに動き回るこができます。飼育されている小鳥は運動不足になりがちなので、放小鳥することで、肥満、脂肪肝のリスクを減少させ、小鳥さんの健康を増進します。また飛ぶことで精神的に安定し、問題行動の解消にもつながります。小鳥さんと飼い主さんが一緒に楽しめ、小鳥さんと飼い主さんの絆も深まります。次に注意点ですが、放鳥させることで小鳥さんが怪我をしてしまう例も少なくありません。放鳥する時は、小鳥さんから目を離さないようにし、放鳥する前に家の中の状態を確認しましょう。ドアをきちんと閉める、鏡にカバーをかける、換気扇のどのファンを止める、電気コードに気をつける、毒性のあるものは置かない、同居しているイヌやネコと一緒の部屋で放鳥しない、キッチンには入れない、などです。また、小鳥さん側の要因としては、羽や爪の状態も重要です。不安がある飼い主さんは一度、羽の状態、爪の状態などを病院でチェックしてもらってください。

ページの先頭へ