寒さ対策|小鳥の病気でお悩みなら、川口市の小鳥のセンター病院にご相談ください。

小鳥のセンター病院(中央病院)

048-266-6661048-266-6661
年中無休 9:00-12:00 / 15:00-19:00
川口市の小鳥専門病院「小鳥のセンター病院」

コラム

季節ごとに、小鳥さんと一緒に生活する上での注意事項をお知らせしています。
少しでも小鳥さんのことを知って、お役に立てればと思います。

寒さ対策

2013.11.01

朝晩はぐっと冷え込み、日中との気温差が激しい時期になりました。この時期、気温が下がり身体が冷えすぎると、鳥さんたちは体調を崩してしまうことがよくあります。

元気食欲が無くなったり、下痢や呼吸器の症状が出ることもあります。幼鳥や老鳥だけではなく、大人の鳥さんでも命にかかわってきます。

そのため、保温対策はしっかりしておきましょう。20℃~25℃位を目標に20℃を下回らないようにしてください。ペットヒーターやケージにかぶせる毛布の用意。温湿度計もケージのそばに置いておくとよいですね。盲点になりやすいのが、ケージの置き場所です。同じ部屋の中でも気温差はけっこうあります。寒い空気は下に下に、暖かい空気は上に上に移動します。部屋の中でも気温差が出にくく暖かい場所を探してケージを置いてあげてください。

なにかいつもと違う様子がありましたら早めに来院してください。今年も暖かくして寒さに負けず、元気に冬を乗り越えていきましょう。

ページの先頭へ