野鳥さん「ゆうかい」にお気をつけください|小鳥の病気でお悩みなら、川口市の小鳥のセンター病院にご相談ください。

小鳥のセンター病院(中央病院)

048-266-6661048-266-6661
年中無休 9:00-12:00 / 15:00-19:00
川口市の小鳥専門病院「小鳥のセンター病院」

コラム

季節ごとに、小鳥さんと一緒に生活する上での注意事項をお知らせしています。
少しでも小鳥さんのことを知って、お役に立てればと思います。

野鳥さん「ゆうかい」にお気をつけください

2015.06.01

暖かい季節になり野鳥さんの巣立ちの時期になってまいりました。

ここで注意したいのが落ちている野鳥さんの「ゆうかい」です。

地面にいても巣立ちの子は拾わないようにしてください。

本来野鳥さんは自然界に生きており、飼うことが法律で禁止されていますし、人間の手を入れてはいけない存在です。 巣から落ちてしまった子でも、両親はご飯を与え育てようと頑張ってくれます。

親は子供に「どんな餌なら食べても平気か」「どのようにすれば空を飛べるか」など生きる上で必要な知識を与えてくれる大切な存在です。

そのため人間が保護してしまうとそれがわからず自然界に帰ることができなくなってしまいます。

健康であってその子の落ちている場所が危ない時は木などの高い所に置き、必要以上の手は加えないようにしてください。

もし怪我をしている子を保護した場合はお住いの都道府県もしくは自治体へご連絡ください。

ページの先頭へ