ソノウ炎|小鳥の病気でお悩みなら、川口市の小鳥のセンター病院にご相談ください。

小鳥のセンター病院(中央病院)

048-266-6661048-266-6661
年中無休 9:00-12:00 / 15:00-19:00
川口市の小鳥専門病院「小鳥のセンター病院」

コラム

季節ごとに、小鳥さんと一緒に生活する上での注意事項をお知らせしています。
少しでも小鳥さんのことを知って、お役に立てればと思います。

小鳥さんのソノウ炎

2017.05.31

実は、小鳥さんの単純なソノウ炎は多くはありません。え?と、思われるかもしれません。ソノウ炎で多いのは感染性ソノウ炎が多く、原虫性(トリコモナス症)や細菌性、真菌性などが見られます。

小鳥さんの種類にもよりますが、セキセイインコさんの場合はマクロラブダス症(メガバクテリア)によるも、コザクラインコさんの場合クリプトスポリジウム症など胃炎から発症する場合もあります。その他に、多種の小鳥さんに様々な原因で起こる腺胃拡張症によるもの甲状腺肥大、腫瘍、中毒など様々な理由でソノウ炎が起こります。

ソノウ炎のよく見られる症状として、「嘔吐」、「えずき」、「あくび」、「よく水を飲む」などがあります。ソノウ炎と間違いやすいものとして「求愛行動」があります。

なかなか判別しづらく、わかりにくい場合もあります。定期的な健康診断やあれ?気になる、、、などを思ったらすぐに病院へおいでください。

ページの先頭へ