「小鳥さんの熱中症」|小鳥の病気でお悩みなら、川口市の小鳥のセンター病院にご相談ください。

小鳥のセンター病院(中央病院)

048-266-6661048-266-6661
年中無休 9:00-12:00 / 15:00-19:00
川口市の小鳥専門病院「小鳥のセンター病院」

コラム

季節ごとに、小鳥さんと一緒に生活する上での注意事項をお知らせしています。
少しでも小鳥さんのことを知って、お役に立てればと思います。

小鳥さんの熱中症

2017.06.28

だんだん熱く、ムシムシした季節になりました。多くの小鳥さんが保温を必要としていますが、この季節は温度管理が非常に難しいです。
小鳥さんの体温は42℃あります。基本的に30℃ぐらいまでは風通しがあれば問題なく耐えられます。
しかし、酷暑、猛暑などの35℃を超えるような日が起こってくると室内の温度はそれ以上になる可能性もあります。
防犯上窓を閉め切ることも多く、小鳥さんの体温はどんどん上がってきます。
それによって小鳥さんは熱中症になってしまいます。
これらの事故を防ぐためにエアコンをつけることが必要となります。ただし、エアコンをつけると非常に冷えてしまうので、風邪をひかせてしまうこともあります。
そこで、以下の点に注意してみてください。

  • 温度はできるだけ高めに設定をする(28~30℃)。
  • 直接風の当たらない場所にケージを置く。
  • 直射日光の当たらない場所にケージを置く。
  • 床にケージを置かない(冷気は下にたまるため)。
  • エアコンの設定を除湿ではなく一般的な冷房でかける。(除湿は体感気温が下がるため)

などを気を付けて使ってください。
万が一、小鳥さんに異常が見られた場合はすぐに病院へおいでください。

ページの先頭へ