小鳥さんの風邪|小鳥の病気でお悩みなら、川口市の小鳥のセンター病院にご相談ください。

小鳥のセンター病院(中央病院)

048-266-6661048-266-6661
年中無休 9:00-12:00 / 15:00-19:00
川口市の小鳥専門病院「小鳥のセンター病院」

コラム

季節ごとに、小鳥さんと一緒に生活する上での注意事項をお知らせしています。
少しでも小鳥さんのことを知って、お役に立てればと思います。

小鳥さんの風邪

2017.12.01

だんだん、寒くなりヒーターが欠かせなくなってきました。この時期に多いのは「風邪」です。
小鳥さんも風邪をひきます。症状で分けると大きく2つに分けることができます。1つは上部気道疾患、もう1つは下部気道疾患です。

上部気道疾患
この時に見られる症状は「くしゃみ」です。クシュックシュッと連続して頭を振る動作が見られます。鼻水がでると、鼻孔の周囲の羽根が汚れたり、グジュグジュ音が鳴ったり、ひどくなると目が赤くなることもあります。

下部気道疾患
この時はケッケッケッという乾いた咳がでることが多いです。さらに尾を振る「テイルボビング」や顎を上げて呼吸する「スターゲイジング」などの行動が見られます。

これらを早期に見つけて治療することが大切です。呼吸器病は命に係わります。様子を見るのではなく、出来るだけ早く病院においでください。

ページの先頭へ