小鳥さんの事故|小鳥の病気でお悩みなら、川口市の小鳥のセンター病院にご相談ください。

048-266-6661
年中無休
診察・ホテル受付時間 平日は午 前8:45~11:45、午後15:00~18:45。土日祝は午前8:45~11:30、午後15:00~18:30です。
川口市の小鳥専門病院「小鳥のセンター病院」

コラム

季節ごとに、小鳥さんと一緒に生活する上での注意事項をお知らせしています。
少しでも小鳥さんのことを知って、お役に立てればと思います。

小鳥さんの事故

2019.01.11

1月はご家族そろって過ごすことが多い季節です。小鳥さんもとても喜んでいると思います。ここで注意していただきたいことがあります。この時期に多いのは事故です。大きく分けて外傷、中毒、その他に分けられます。

外傷は「踏んだ」、「挟んだ」などの放鳥時に見られる事故です。中毒は「テフロン中毒」、「鉛中毒」、「異物摂取中毒」などが挙げられます。テフロンは料理で使うフライパン、ホットプレートなどに使用されており、使用頻度が増えるこの時期は特に注意が必要です。鉛は放鳥時に摂取してしまうことが多い事故の一つです。異物摂取は人の食べ物など普段は口にしないものを摂取することです。その他には人の出入りが多いので「逃亡」にも注意が必要です。

人には無害でも小鳥さんには有害な物や事は沢山あります。十分気を付けてあげてください。

ページの先頭へ