肥満とダイエットについて|小鳥の病気でお悩みなら、川口市の小鳥のセンター病院にご相談ください。

小鳥のセンター病院(中央病院)

048-266-6661048-266-6661
年中無休 9:00-12:00 / 15:00-19:00
川口市の小鳥専門病院「小鳥のセンター病院」

コラム

季節ごとに、小鳥さんと一緒に生活する上での注意事項をお知らせしています。
少しでも小鳥さんのことを知って、お役に立てればと思います。

肥満とダイエットについて

2012.09.01

まだまだ、残暑が続いていますが、ご自宅の鳥さんたちは、元気に過ごしているでしょうか?今回のコラムは肥満とダイエットについてです。食事は好きなだけ与えたり、または嗜好性の良いものばかり(例えばカナリーシード)ばかり与えすぎてしまうと、肥満になってしまいます。肥満になってしまうと肝臓に負担をかけたり、足への負重が増します。一般的にセキセイインコでは30gから40g、オカメインコでは80gから110gと言われています。体重の管理は食事の量を調節する(1日で食べる量しか食事入れに入れない)、高カロリーな食べ物を少なくする、運動するが基本になります。肥満になってしまって体重を落とすよりも、肥満にならないように常日頃から気を付けてあげましょう。もし肥満になってしまったら早めに病院へおいで下さい。色々な対策があります。

ページの先頭へ