羽は膨らんでいませんか?|小鳥の病気でお悩みなら、川口市の小鳥のセンター病院にご相談ください。

小鳥のセンター病院(中央病院)

048-266-6661048-266-6661
年中無休 9:00-12:00 / 15:00-19:00
川口市の小鳥専門病院「小鳥のセンター病院」

コラム

季節ごとに、小鳥さんと一緒に生活する上での注意事項をお知らせしています。
少しでも小鳥さんのことを知って、お役に立てればと思います。

羽は膨らんでいませんか?

2015.02.01

寒い日々が続き、たまに見ると鳥さんの羽が膨らんで寒そうにしている姿が見られることも少なくないのではないでしょうか。そのような時はぜひ室温を25℃~30℃上げて暖かく過ごさせてあげてください。しかし、その時呼吸が大きくなっていたり早くなっていた時は要注意です。

鳥さんには横隔膜がないため、全身で呼吸しています。それ故に何らかの原因で呼吸が苦しくなると羽を膨らましたりや開口呼吸といった行動を取ります。

呼吸器症状としては他にも「くしっ、くしっ」というくしゃみや「ケッ、ケッ、ケッ」という咳が見られます。特に前者のくしゃみでは鼻水も出ることがあり、その時はお顔周りが汚れますので動作が見られなくてもくしゃみをしていた可能性があります。病気はどれも早め早めの対策が重要となってきます。呼吸に少しでも異常があるときにはすぐ病院へおいで下さい。

ページの先頭へ