小鳥さんの日光浴|小鳥の病気でお悩みなら、川口市の小鳥のセンター病院にご相談ください。

小鳥のセンター病院(中央病院)

048-266-6661048-266-6661
年中無休 9:00-12:00 / 15:00-19:00
川口市の小鳥専門病院「小鳥のセンター病院」

コラム

季節ごとに、小鳥さんと一緒に生活する上での注意事項をお知らせしています。
少しでも小鳥さんのことを知って、お役に立てればと思います。

小鳥さんの日光浴

2015.04.01

そろそろ暖かくなり、日光浴には最適の時期となってまいりました。小鳥さんの日光浴はビタミンDを体内で作るために必要となってくるものでとても大切です。これは窓越しでなく、直射日光に当てる必要があります。時間は15分から30分ぐらいが適当です。

そこで気をつけなくてはいけないのは、この暖かくなる時期が同時に外敵となるカラスの繁殖期でもあることです。彼らも餌となるものを欲しており、鳥籠ぐらいであれば簡単に壊せる力を持っています。そのため日光浴中に襲われてしまい、怪我をしてしまう小鳥さんも多くいます。また、怪我はしなくても外敵が来たことによりパニックを起こし暴れ回って打ち身、もしくは爪や羽を引っ掛けて出血といった事例も見られます。

日光浴は小鳥さんの体を健康に保つためにも重要なことではありますが、危険も潜んでいます。日光浴中はカラスだけではなく、猫にも注意して目を離さずに一緒に過ごしてあげることを忘れないでください。

ページの先頭へ