小鳥さんのお腹が大きい??①姿勢|小鳥の病気でお悩みなら、川口市の小鳥のセンター病院にご相談ください。

048-266-6661
年中無休
診察・ホテル受付時間 平日は午 前8:45~11:45、午後15:00~18:45。土日祝は午前8:45~11:30、午後15:00~18:30です。
川口市の小鳥専門病院「小鳥のセンター病院」

コラム

季節ごとに、小鳥さんと一緒に生活する上での注意事項をお知らせしています。
少しでも小鳥さんのことを知って、お役に立てればと思います。

小鳥さんのお腹が大きい??①姿勢

2018.01.09

小鳥さんのお腹が大きくなる病気はオスやメスにかかわらずたくさんあります。しかし、なかなか気づくことも難しいのも確かです。ではどのような点に気を付ければ早期に見つけることができるのでしょうか?

まずは姿勢です。止まり木に止まっている姿勢をチェックします。横から見ると止まり木に対して45℃以上の角度で止まっています。頭から尾までまっすぐになります。これが基本の姿勢になります。

そして、尾が上下に振れることはありません。羽根は背中で合わさっていてクロスしています。ここから外れている姿勢は異常を起こしています。

この鳥さんの姿勢は前傾していることが分かります。お腹が大きいのでバランスをとるために前のめりになっているのです。この小鳥さんは呼吸に合わせて尾が上下に揺れるいわゆる「テールボビング」が見られます。そして、止まり木に伏せっているようにも見えます。これもお腹が大きい小鳥さんに見られる所見です。羽根の位置も大事です。お腹が大きく苦しいため羽根を背中で交差できないので羽根先が垂れます。

まとめると、、、、

  1. 止まり木に止まる姿勢がバランスをとるために前傾になる
  2. 呼吸が苦しくなるため尾が呼吸に合わせて上下に揺れる「テールボビング」がみられる
  3. 止まり木に伏せって止まっているように見える
  4. 羽根をたたむことができない。翼下垂を起こしている。
ページの先頭へ